高卒認定を取って、大学受験する際に必要な書類と推薦入試

Pocket

高卒認定を取って、大学受験

高卒認定を取得して専門、短大、大学に進学を考えている方も多いのではないでしょうか。

このページでは、高卒認定で推薦入試を受ける事ができるのか、高校卒業者の調査書(内申書)の代わりに出願時に何を提出したら良いかなど必要な書類について詳しく解説していきます。

高卒認定を取得すると推薦入試で大学に入学できる?

高卒認定を取得することで推薦入試を受けることができます。ただし、狭き門であるのは事実です。多くの大学では高卒認定合格者向けの推薦枠がありません。

ですので推薦入試を前提で大学入試を考えないほうが無難です。

私が調べてみたところ、福岡県にある九州国際大学は推薦入試で受験することが可能です。他にも高卒認定を取得することで推薦入試を受けられる大学があるようです。

ホームページの募集要項から応募資格を確認できますので検索してみて下さい。

高卒認定の場合、調査書(内申書)はどの書類を提出したら良いの?

高校を卒業した人の場合、3年間の成績を元に調査書(内申書)が作成されます。この調査書(内申書)は高卒認定の合格成績証明書にあたるものとして大学側で扱う場合があるようです。

推薦入試の場合は、特に重視されるようです。上記にあげた九州国際大学の場合は推薦の基準として1科目につきB評価以上である必要があります。

高卒認定の評点は、100点満点で

  • A評価 → 80~100点
  • B評価 → 60~79点
  • C評価 → 合格点~59点

となっています。

センター試験等で学力を評価し、入学を許可する大学も多いですが調査書(内申書)を重視する大学も多くあります。

大学受験を検討されている方は、高卒認定試験でも高得点を目指した方が良いでしょう。

大学の出願時に必要となる書類

多くの大学で出願時に高卒認定に合格したことを証明する書類を提出する必要があります。大学により必要な書類は変わってきますので、募集要項で確認して下さい。

必要となる種類は以下の2種類のどちらかまたは両方です。

  • 合格証明書
  • 合格成績証明書

提出先の大学により証明書に有効期限を設けている場合がありますので注意しましょう。また、例年12月から2月の受験シーズンは混雑するために、手元に届くまで時間がかかります。通常で1週間から10日ほどですので、余裕を持って申請しましょう。

証明書の申請方法や申請時に必要な書類、手数料に関してはこちら → 「高卒認定の合格通知が来たらする事

高卒認定の場合、大学受験で不利になる事はあるの?

不利になることはありません。

推薦入試が受けれない場合が多いなど制度上は不利に感じてしまうことはありますが、多くの大学でセンター試験のように純粋な学力で選抜します。

特に2009年頃によくいわれた大学全入時代という言葉を耳にされたことがある方も多いと思いますが、少子化が進んでいる現代では特に地方の私立大学は定員数を集めるのが大変です。

多くの大学が国からの補助金に頼っているので、学生を入学させなくては学校は経営ができません。

ですので高卒認定を取得して大卒の資格を取るハードルはそこまで高くありません。(4年間の学費がかかりますが…)

一流または有名大学に進学したい人におすすめな方法

大卒の資格を取得するハードルは下がっていますが、国立・有名大学・一流大学の競争倍率は上がっているといえます。

現役の高校生、既卒の方と限られた入学枠を争うので当然ではありますが…。

一流・有名大学への進学を考えている方は独学でも可能だとは思いますが、大学受験に力をいれている高認予備校へ入り、高卒認定を取得して大学受験にのぞまれると良いです。

センター試験と高卒認定試験は全くの別物です。難易度、出題範囲、出題問題数と全く違います。

高卒認定は高卒と同等以上の学力があると認定する試験で合格点以上を取れば合格できます。合格者数に上限はありません。

一方のセンター試験や個別の大学入試はふるいにかけて選抜することが目的です。各大学が求める基準以上の成績を残し、定員数に入らなくては合格できません。

高卒認定は独学で取得して、大学予備校に通うなど。センター試験、大学の個別試験の対策をしっかりとできる環境があると良いと思います。

高認予備校や大学予備校の資料は無料で請求できますので請求してみて下さいね。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*