高卒認定を取って看護師になるには

Pocket

高卒認定を取って看護師になりたい

  • 人を助ける仕事に就きたい!
  • 患者さんの心に残るようなケアができる看護師になりたい!

そんな夢を抱いているあなたに高卒認定合格後、最短ルートで看護師になる方法をお伝えします。

高卒認定をとって看護師になる方法

私はお伝えしている通り、高卒認定を取得して今は現役で看護の専門学校に通っています。

看護師(正看護師)になるには、国が指定する看護師養成施設で最低3年以上勉強する必要があります。養成施設には看護専門学校、看護短大、看護大学があります。養成施設に進学し、看護師国家資格に合格することで晴れて看護師になれます。

看護師をしている母からは看護大学に進学し、学士を取ることをすすめられました。将来、専門的な資格を取ろうとした時に学士がなければ受けれない資格があること。また、給料など待遇面でも大卒の方が良いからです。

ですが、大学を卒業するまでの学費を考えると…。母に経済的な負担をかけたくありませんでした。

それで私は、地元にある公立の看護専門学校に入学しました。看護学の学士は、働きながらで大変だとは思いますが放送大学で取る選択肢があります。(実際、多くの看護師さんが働きながら放送大学で学ばれています。)

もし、あなたが経済面等で不安がない場合は、看護大学に進学されると良いと思います。

看護大学に進学するメリット

  • より広く、深く看護を学べる
  • 有名な人気病院で働きたい場合は大卒でないと採用が厳しい
  • 看護師以外に保健師、助産師、養護教諭など資格を取得できる

高卒認定の取得で学べる学校

国が指定する看護師養成施設である看護専門学校(3年)、看護短大(3年)、看護大学(4年)で学んでいきます。文部科学省のホームページより指定されている学校の一覧を確認できます。

文部学大臣指定(認定)看護師学校の一覧はこちら → こちら

看護師養成学校(専門学校、看護短大、看護大学)の資料の一括請求は → こちら

多くの看護師学校が奨学金を受けながら学ぶことができます。

奨学金の種類は、一般的な日本学生支援機構や地方自治体、民間の奨学金、学校独自の奨学金や特待生制度だけではありません。

卒業後、指定の病院で一定期間、勤務することで奨学金を受けることができます。中には一定期間、系列病院で勤務することで奨学金の返済が実質免除される学校があります。

他にも例えば東京都の場合、都内の看護師学校で学び、将来都内の病院等で勤務しようとしている人を支援する「看護師等修学資金貸与制度」を設けています。

第一種貸与の場合、卒業後に東京都が指定する施設で5年間看護業務に従事することで、返還金が免除されます。

進学する学校を検討する際は、地方自治体の支援制度の確認や学校独自の奨学金制度を確認して選ぶと良いです。

東京都の看護師等修学資金貸与制度の詳細はこちら → http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/shikaku/syugaku/

卒業までにかかる学費の目安

国立・公立・私立でそれぞれ学費は変わってきます。また、学校により別途教科書代、実習費用、ユニフォーム代、設備費用などがかかる場合があります。

初年度の入学金を含めた4年間でかかる大まかな学費をあらわしています。

  • 公立、県立看護大学の場合、4年間で250万円
  • 国立看護大学の場合、4年間で260万円
  • 私立看護大学の場合、4年間で420〜700万円
  • 公立看護短大の場合、3年間で150万円
  • 私立看護短大の場合、3年間で350万円
  • 公立看護専門学校の場合、3年間で50~100万円
  • 私立看護専門学校の場合、3年間で200万円

※公立、県立の看護学校は学校所在地の出身かどうかで入学金が変わります。

※自宅通学か自宅外(寮やアパート等)から通学するかで交通費、家賃、食費、光熱費等が変わってきます。

私は都内の公立看護学校(昼間)に自宅から通っていますが、交通費が月に1万円(通学定期)、それ以外の出費が3万円ほどです。ひと月あたり4万円、年間で48万円ほどかかっています。

一人暮らしをしている友人は毎月12万円ほどかかっていると話していました。

看護師になるために必要な国家資格

看護師国家試験を受験して合格すると看護師の免許を取得できます。

平成28年度(2016年)の看護師国家試験は2月14日(日)に実施され、平成28年3月25日(金)に合格者が発表されます。受験料は5,400円で、試験会場は全国11カ所(北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県)です。

看護師国家資格の平成26年度の合格率は90.0%です。例年、90%前後の合格率となっています。

学校選びの際は合格率を確認しましょう

看護学校選びは国家試験の合格率を確認しましょう

特に看護専門学校を受験される方は、進学する学校の過去3年分の合格率をホームページや受験案内で確認した方が良いです。

専門の場合、国家試験の合格発表の頃には就職先が内定しています。求人に応募する際は、看護師資格を取得見込みとして応募するからです。つまり不合格の場合、内定が取り消しになってしまいます。

国家試験は翌年も受験する事ができますが、既卒の合格率は50.2%(平成26年度、3年課程の平均)と新卒と比較して低くなる傾向です。

3年間、時間とお金をかけて看護師になるために勉強するわけですから、後悔のないように国家試験対策をしっかりとしてくれる実績のある学校を選びましょう。

役に立つ資格や知識

役に立つ資格や知識は何科に配属されるか等で変わってくると思うので難しいですが、

  • 専門看護師
  • 認定看護師

この二つはスキルアップだけでなく、患者様に質の高い医療サービスを提供するために役立ちます。

専門看護師、認定看護師の詳細は日本看護協会のホームページよりご確認ください。→ http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/cns

看護師の平均年収と初任給

看護師の平均年収は、平成26年度で473万円です。

※平均年収は厚生労働省「平成26年賃金構造基本統計調査」元に算出しています。平成26年賃金構造基本統計調査の詳細はこちら

看護師の初任給は日本看護協会のデータによると2013年で、大学卒の新卒看護師で204,683円。看護3年課程卒で197,689円となっています。

日本看護協会の詳細データはこちら

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*