歴史能力検定を取得し、高卒認定の歴史科目を免除する方法

Pocket

高卒認定試験には条件をクリアすることで受験科目が免除される制度があります。

一般的なのは、高校在学時に習得した科目単位により免除されるケースです。

免除科目があれば、合格に必要な科目数が減るので一発で高卒認定を取得できる可能性が高まります。

免除科目の確認方法や申請方法はこちらで詳しく解説しています。

 → 高卒認定の科目免除の条件と申請方法

このページでは歴史能力検定を取得することで高卒認定試験の世界史または日本史を科目免除する方法をお伝えします。

歴史能力検定を取得して、高卒認定試験の世界史・日本史の受験を免除するには

歴史能力検定を取得して高認・世界史を寡黙免除する方法

歴史能力検定で科目免除申請をするのは、下記の条件をクリアする必要があります。

  • 世界史Bの免除条件 → 歴史能力検定の世界史1級または世界史2級に合格
  • 日本史Bの免除条件 → 歴史能力検定の日本史1級または日本史2級に合格

高卒認定の地理歴史科目の合格の条件は、

  • 世界史A・Bのいずれか1科目で合格が必須
  • 日本史A・B、地理A・Bの4科目のうち1科目で合格が必須

となっています。

歴史能力検定とは

歴史能力検定とは、歴史能力検定協会が実施する検定です。受験資格に制限はなく、どなたでも受験することができます。

試験は個人・団体受験があり共に年1回実施されます。対象となる日本史・世界史1級の検定料は、7,500円、日本史・世界史2級は5,000円です。

歴史能力検定の検定級と各級の難易度

歴史能力検定
検定級 難易度 出題方法
日本史・世界史 1級 専門家に匹敵するレベル 4択問題,記述・論述
日本史・世界史 2級 大学受験レベル 4択問題と記述問題
日本史・世界史 3級 高校修了レベル 4択問題
日本史のみ 準3級 難関高校受験レベル 4択問題
歴史基本 4級 中学校修了レベル 4択問題
歴史入門 5級 小学校修了レベル 3択問題

このように科目免除される2級以上を取得するには、記述問題もあるため、豊富な知識が求められます。

 

歴史能力検定を取得して高認・日本史を科目免除する方法

日本史または世界史を得意とされている方以外はハードルが高めなようです。

歴史能力検定の例題を見る限り、高卒認定試験の日本史・世界史の方がかなり簡単です…。なので高卒認定の科目免除を目指しての受験はおすすめできません。

また、日本史1級または2級に合格すると高卒認定の科目免除以外にも通訳案内士試験(通訳ガイド試験)の筆記試験科目「日本歴史」が免除されます。

歴史能力検定の詳細はこちら

→ 歴史能力検定協会  URL: http://www.rekiken.gr.jp/

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*