高卒認定・生物基礎の難易度と対策ポイント

Pocket

高卒認定・生物基礎の対策法

高卒認定の生物基礎の難易度と対策ポイント

このページでは高卒認定・生物基礎の難易度と対策ポイント、勉強法をお伝えします。

理科科目のおすすめな科目選択はこちらをチェックして下さいね。

生物基礎の問題構成と配点

生物基礎は大問5題で構成され、全部で25問出題されます。

1問あたりの配点は4点です。

以前は生物Iで平成26年度より生物基礎になりました。出題範囲が大きく変わりましたが難易度に大きな変化はなく、教科書の基礎的内容を把握すること十分対応できます。得点が取りやすい理科科目です。

出題範囲

  • 大問1 生物の特徴
  • 大問2 遺伝子とそのはたらき
  • 大問3 生物の体内環境とその維持
  • 大問4 植生の多様性と分布
  • 大問5 生態系とその保全

上記が出題されます。以前は図表から読み解く問題もありましたが、生物基礎に変更後は教科書の重要語句など基礎的な用語を理解し暗記していることが問われるようになりました。

最新の出題傾向

今後も大問の構成や難易度に変更はないと考えられます。

生物基礎の難易度

高卒認定・生物基礎の対策ポイント

理科科目の中で多くの高認受験者に選ばれる生物基礎は、合格点が取りやすい科目です。

読み取り問題のようなラッキー問題はなくなりましたが、毎回のように出題される重要な語句を意味を理解して暗記するなど対策すべきポイントをしっかりとすれば比較的に簡単です。

合格点に必要な正解数

合格点に必要な正解数は。10問です。

高卒認定の生物基礎で毎回出題される定番用語・ATPに関する問題は1度暗記すると確実に得点が計算できます。ATPが出題される大問1の生物の特徴だけで5問あり、20点の配点があります。

得点が計算できるということは、残りの問題で5問に正解し、20点をあげれば良いわけです。この点が生物基礎が人気の科目である理由だと思います。

生物基礎の勉強法

必要に応じて生物基礎の教科書、問題集を用意しましょう。

教科書にある太字の重要語句、図表や写真をチェックしましょう。教科書の基礎的な内容を理解し覚えることで確実に得点を取れるようになります。

あとは過去問を繰り返し解き、実力をつけましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*