高卒認定・英語の難易度と対策ポイント

Pocket

高卒認定の英語対策法

高卒認定の英語の難易度と対策ポイント

このページでは高卒認定・英語の難易度と対策ポイント、勉強法をお伝えします。

また、管理人の私が60日間で合格点を取った英語勉強法を紹介しています。

英語の問題構成と配点

高卒認定の英語は大問7題で構成され、全部で25問出題されます。

一問あたりの配点は4点です。

数学と同様に高卒認定試験で合格率の低い科目です。

出題範囲

  • 大問1 対話文で最も強く発音する単語を選択する問題
  • 大問2 空欄に適切なものを入れ、対話文を完成させる問題
  • 大問3 正しい文章に並び替える問題
  • 大問4 メッセージの送り手が意図したものを答える問題
  • 大問5 空欄に正しい単語を埋め、文章を完成させる問題
  • 大問6、7は長文の読解問題

最新の出題傾向

出題形式や難易度は今後も同様であると考えられます。この出題傾向は大検時代から変わらずに続いています。

英語の難易度

中学レベルの英文法、英単語、英熟語から理解していないと難しい科目といえます。英語の出題範囲は中学3年生程度から高校1年生までが範囲ですが、英単語・熟語に換算すると約1,000単語近く必要になります。

英文法も大事ですが、まずは英単語・英熟語をある程度覚える必要があります。語彙力(ごいりょく)がないと英語で一番優しい大問1の強調して発音する単語を選ぶ問題でも正解を出すのが難しいです。

合格点に必要な正解数

英語の合格点に必要な正解数は、10問です。

英語の勉強法

最初に過去問を解いてみて、今の実力をチェックしてみましょう。半分近く正解できる場合は、現時点で英語の合格点を取れる実力があります。英単語・英熟語の語彙数をさらに増やし、長文に慣れることで高得点が狙えます。

全くできない、単語が全然分からない場合は、中学校の英語教科書と英単語帳、問題集を用意して勉強しましょう。時間はかかりますが、コツコツと英単語、熟語の語彙数を積み上げることで確実に基礎力が身につきます。

基礎力が身についたら、過去問を繰り返し解くようにしましょう。

私が60日間で英語の合格点を取った勉強法

高卒認定・英語の勉強法

このように英語の勉強法をエラそうに伝えている私ですが、実際は英語が苦手でしたし、不安でいっぱいでした。そんな私でしたが60日(2カ月)で英語の合格点を取れるようになりました。

上記している英語の勉強法は一般的な正しい英語の学習法です。英語は基礎力が大切なのは真実です。

しかし、私が教えてもらったのは最短で英語の合格点を取る方法です。それも中学生レベルの英単語すら知らない状態から最短で合格する方法です。

著者自身が「英語教師がマユをひそめるような非常識な勉強法」と言っている通り、6カ月や1年かけて英語の基礎をコツコツと勉強し、高認英語の合格を目指している方には申し訳なく感じてしまいますが、私でも60日で合格点が取れました…。

この英語勉強法を知らなければ、今も看護専門学校に通えずに英語の試験勉強をしていたかもしれません。

もし、あなたも英語の合格点を最短で手に入れたいのならおすすめです。

今なら90日間の全額返金保証と回数無制限の無料メールサポートを受けることができるので、90日以内なら実質無料で試すことができます。

詳細はこちらです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*