高卒認定を取って公務員になるには

高卒認定に合格すると、国家試験や公務員採用試験に挑戦することができます。採用後(合格後)は、給与など待遇面でも高校を卒業した人と同等に扱われます。

このページでは受験が可能な国家試験と国の採用試験を一覧にしてまとめています。
国家資格は試験が必要なものと試験がいらないものを分類しています。

続きを読む

0

高卒認定を取ると最終学歴は高卒?

高卒認定は高校を中退した人や、様々な理由により高校に通うことができなかった人が高校を卒業した人と同等以上の学力があると認定する試験制度です。

高認を取得すれば、専門学校、短期大学、大学への受験資格を手に入れる事ができます。

ただし、高認を取得しただけでは履歴書上の最終学歴は中卒となります。正式名称「高等学校卒業程度認定試験」からも分かるように高校卒業資格を認定する制度ではないからです。

高卒はあくまで高等学校を卒業する必要があります。学校教育法では、高卒は下記の条件を満たしている必要があります。

  • 全日制課程の場合の修業年数は3年、定時制課程および通信制課程の場合は3年以上とすること
  • 74単位以上の単位を修得すること

また高等学校学習指導要領で定められた必履修科目(ひつりしゅうかもく)を履修し、各学校で定める教科・科目の履修または単位修得をすること。

高等学校学習指導要領に関してはあなたもご存知のように、近年はゆとり教育になったりとコロコロと学習指導要領が変更されていて分かりにくいですが、必修科目というのは国語、英語、数学を指していて、最近では理数科目に力をいれる方針がとられています。

各学校で定める教科・科目とは、保健体育、芸術、音楽、美術、家庭科目と考えてもらうとイメージしやすいです。

多くの全日制高等学校が100単位近く単位を修得しますし、各学校により必修以外に履修する科目は変わってきます。

高卒認定で合格に必要な単位数

一方、高卒程度認定試験の場合は、選択科目により異なりますが以下の科目を受験した場合の標準単位数は、

  • 英語 → コミュニケーション英語Ⅰで3単位
  • 数学 → 数学Ⅰで3単位
  • 国語 → 国語総合で4単位
  • 世界史B → 4単位
  • 日本史B → 4単位
  • 倫理 → 2単位
  • 政治・経済 → 2単位
  • 化学基礎 → 2単位
  • 生物基礎 → 2単位
  • 地学基礎 → 2単位

合計 28単位になります。これは一番単位数が多くなる組み合わせです。もっとも合格しやすい科目選択をすると合計 20単位になります。

このように高卒と高校卒業程度では修業年数、修得単位が違うのです。

高卒認定を取得して高卒の資格を手にいれる方法、企業の認知度、履歴書の記載方法についてまとめました。

続きを読む

0